仮想通貨1年生

仮想通貨初心者のための入門書ブログ

【2018年版】Nem(ネム)の今後の将来性をガチ考察してみた


f:id:keita-agu-ynu:20171228034842p:plain

「NEMはマジで熱いぜ…!」

「2018年はNEMが来る」

「NEMに○○○万円突っ込んだ!長期保有だ!」

こんな噂を耳にしている人も多いはず。

NEMは価格が伸び悩んだ時期もありましたが、2017年の初めと比べると100倍以上の値上がりを見せています。

さらに2017年12月に入ってから急激に価格が高騰。いま注目されている仮想通貨の1つです。

しかし!だからといってすぐにNEMに飛びつくのはおすすめしません。

Nemのことをよくわからない状態で投資すると、一時的な値動きに精神をすり減らしてしまいます。

「ううう。こんな好材料が出てくるなら、あのとき売らずに持っておけば良かった…」なんてことにならないように、まずはNemのことについて簡単で良いので知識をつけましょう。

  • NEMはどんな仮想通貨なのか?
  • 2018年のNEMのプラス材料は?
  • NEMを一番お得に買える取引所とは? 

この辺りの話をわかりやすくざっくりと解説していきます!

NEMとはどんな仮想通貨?特徴を簡単に紹介

f:id:keita-agu-ynu:20171228031802p:plain

NEMの理念や価格について

f:id:keita-agu-ynu:20171228032019p:plain

NEMは2015年に開発された仮想通貨で「New Economy Movement」の略として公開されました。「新たな経済圏の創出」「平等」「富の再分配」などがキーワードとなる仮想通貨です。

発行枚数は約90億枚でビットコインの2100万枚と比べると、かなり多い数になります。

またNEMの価格は1XEM=115円でビットコインの1BTC=200万円と比べると1単位あたりの価格が安いのも特徴です。(2017年12月現在)

NEMは早い!安い!ビットコインよりも実用的

f:id:keita-agu-ynu:20171228032353p:plain

ビットコインは仮想通貨の代表として注目されていますが、送金スピードや手数料の高さに課題を抱えています。

いっぽうNEMはビットコインと比べると圧倒的に送金スピードが早く、手数料も安く、さらにセキュリティーも高いです。

NEMはビットコインの課題を解決した 「ビットコイン2.0」とも呼ばれています。

この実用性の高さがNEMがここまで注目されている理由の1つです。

NEMのAPI機能により関連サービスが充実

f:id:keita-agu-ynu:20171228035215p:plain

NEMにはAPIという機能がついています。この機能により、誰でもNEMに使われている技術を使ってアプリケーションを作ることができます。

例えば有名なのが「NEM Twitter tip bot」です。
これはTwitter上で簡単にNemを送金できるサービスで、投げ銭にように使われています。

他にもゲームをクリアすると賞金としてNemがもらえるアプリなんかもあります。

他の仮想通貨とは違い、Nemに関連したアプリケーションが多く開発されているのも特徴の1つです。
こういったサービスが充実しているのもNemの大きな強みとなっています。

NEMのアポスティーユはお手軽!普及に期待!

f:id:keita-agu-ynu:20171228032829p:plain

NEMにはアポスティーユというサービスがあり、これがかなり注目されています。アポスティーユとは簡単に説明すると、ブロックチェーンの技術を使った証明書のようなものです。

公式の証明書は第三者機関にその正当性を証明してもらう必要があります。ブロックチェーンは改ざんが不可能なのでそういった第三者機関を通す必要がなし!これをうまく使えれば中小企業などは大きな経費削減につながりますね。

実は似たような機能はイーサリアムにもあります。しかし、NEMのアポスティーユはそれよりも遥かに簡単に使用することができるのです。この手軽さも注目されている理由の1つですね。

2018年NEMの9つのプラス材料をガチ考察!

f:id:keita-agu-ynu:20171228033007p:plain

ここからは個人的に意見も混ざりますが、2018年にNEMの価格が高騰しそうな要因を順番に考察していきます。

1.NEMはカタパルト実装で送金スピード爆上げ

f:id:keita-agu-ynu:20171228034223p:plain

もともとNEMは送金スピードの早さには定評がありますが、「カタパルト」というものが実装されるとスピードはさらに上がります。

ビットコインやその他の仮想通貨と比べると、その処理速度の凄さは一目瞭然。

  • ビットコイン(約7〜15件/秒)
  • リップル(約1500件/秒)
  • NEM(約3000〜4000件/秒)

カタパルトが実装されると送金スピードが最速と言われているリップルの2倍以上の処理速度が実現されます。

この処理速度はクレジットカードの「VISA」にも匹敵するスピード。NEMが仮想通貨での決済手段として大きく飛躍するのは間違いないですね。

このカタパルトの実装は2017年に予定されていましたが、開発が遅れて2018年に実装予定。これによりNEMの価格の高騰が予想されます。

 

2.NEMはコミュニティーが活発!NEMへの愛が止まらない

f:id:keita-agu-ynu:20171228034147p:plain

NEMは保有者のコミュニティーが活発なことで有名です。本当にめちゃくちゃ愛されている通貨なんですよ。

例えば、有名なのが渋谷にあるnembar。
NEM支払いが可能なバーで仮想通貨界隈の人で連日賑わっています。僕も一度足を運びました。
>>Nem支払い対応のバー!仮想通貨風のお酒が楽しめるnembarに行ってきた

f:id:keita-agu-ynu:20171209140455j:plain

 

NEM支払いに対応したフリーマーケットのイベントなんかも開催されています。

f:id:keita-agu-ynu:20171228013852p:plain引用:https://rhizomebrain.net/nemket2017-info/

 

こちらはNEMの関連グッズ。けっこうおしゃれですね〜。

 

夏にはNEMのうちわも配られていました。

仮想通貨ではこういったコミュニティーが活発な仮想通貨は本当に強いんですよ。NEMに対して愛がある人は簡単に売ったりしないですからね。保有し続けるし、NEMの認知を広げるための活動にも積極的です。

この盛り上がりは2017年に500倍以上高騰したモナコインと似ています。コミュニティーが強いNEMは今後さらなる飛躍が期待できますね。

3.MijinでNEMの価値も爆上がりか?

f:id:keita-agu-ynu:20171228034052p:plain

Mijinとはプライベートブロックチェーンを構築できるシステムのことです。

ブッロクチェーンの技術というのは本来は簡単に利用できるものではありません。しかしMijinを使うことによって、企業や行政が簡単にブロックチェーン技術を応用することができるのです。

そしてこのMijinとNEMはかなり互換性が高くお互いの技術を組み合わせて使うことなどもできます。まぁ、すごくざっくり説明するとMijinが広く使われるようになればNEMの価値も上昇する可能性が高いということです。

実際にすでに導入している企業も多く、大手銀行や行政でも導入のためのテストが実施されるほどです。

4.NEMを扱う取引所が増加の見込み

f:id:keita-agu-ynu:20171228034451p:plain

これは与沢翼さんがリップルについて言及しているツイートです。簡単に説明すると「リップルって今までは扱っている取引所が少なかった(36箇所)。今後、取引所どんどん増えていくほどリップルの価格上昇が期待できるよ!」という話です。

しかし実はNEMを扱っている取引所はリップルの36箇所よりも少ない12箇所なのです。NEMを扱う取引所が増えるたびに価格の上昇が見込めるので伸び代はたっぷり。

リップル以上の伸び率も期待できるかもしれません。

 

5.NEMは1単価が安いから買いやすい?

f:id:keita-agu-ynu:20171228034017p:plain

これはあまり理論的ではないのですが、1単価が安いNEMはなんとなく買いやすいイメージがあると思います。特にこれから仮想通貨を始める人にとっては、その印象は強いでしょう。

ビットコインは200万円もするの!けど、このNEMってやつは100円くらいか。じゃあこっちにしよーっと

こんな人が増えてもおかしくはないはずです。

仮想通貨のブログで有名なイケダハヤトさんもこれについて言及しています。

人間は愚かなので、安い銘柄に目が向くんですよねぇ。1万円で500,000XPって、お得な感じがするじゃないですかw

何より、1単位が安い銘柄は「ワンチャンありそう」な感じがするんですよね。良くも悪くも。

引用:【仮想通貨】身も蓋もないけど「1単位が安い銘柄」が値上がりすると思う。

大手仮想通貨取引所がCMなどを初めて、いわゆる投資に詳しくない人達がこれから多く流れてくるでしょう。そういった初心者層たちが1単価が安いNEMの購入に走ることは十分考えられますね。 

 

6.コインチェック事件でNEMの知名度アップか

f:id:keita-agu-ynu:20180607102215p:plain

2018年1月に起きたコインチェックによるNEM流出事件は記憶に新しいと思います。
>>コインチェックNEM流出事件|その後の進展まとめ

実際はNEM側には落ち度は無くコインチェックの管理体制に問題があった事件ですが、この事件に風衝被害を受けたNEMの価格は大幅な下落を記録しました。

しかし、それと同時にNEMの知名度はアップしたのも事実です。

実はこのような前例は過去にもあり、ビットコインも過去に流出事件によって大幅な下落を見せましたが、そこで仮想通貨の認知度が高まり、結果的に2017年に大暴騰を見せました。

この事からも風趣被害で価格が下落しているNEMは今後、大きな暴騰も期待できます。

 

7.海外の大手NEM情報サイトにて2018年以内に110円と予想

f:id:keita-agu-ynu:20180607102312p:plain

NEM Flashと言うNEMについての情報を発信している海外サイトがあるのですが、このサイトで2018年以内に110円に到達すると予想されました。

2017年の高騰の波に乗って瞬間的に200円台の価格を叩き出したNEMであれば、110円台に復帰するのも容易な事でしょう。

 

8.有名投資家トレスト氏。NEMが300円に到達する事を視野に

f:id:keita-agu-ynu:20180607102155p:plain

元FXトレーダーの有名投資家のトレスト氏がNEMは今後300円に到達する事も視野に入れている事を明かしました。

トレスト氏はFX取引時代の経験を活かし、テクニカル分析を用いた自動トレードプログラムで取引をしている方です。

仮想通貨への見識も広くトレードにおいてトップクラスの実績を持っているので、そんなトレスト氏の発言には期待が持てます。

 

9.石油マネーがNEMに流れ込む可能性あり

f:id:keita-agu-ynu:20180607102132p:plain

ベネズエラ政府が発行している「ペトロ」と呼ばれる仮想通貨があり、この通貨の価格は原油の価格と比例しています。 

そして「ペドロ」にはNEMのブロックチェーン技術が使われております。これによりNEMの有用性がベネズエラを初めとしたイスラム圏に広く伝われば、石油マネーがNEMに流れ込む可能性もあります

 

【おすすめ】NEMを安く購入したい人はZaif

特徴

  • NEMの積立投資ができる(推奨)
  • NEMの手数料が国内で最安値

NEMを安く購入したい人はZaifでの口座開設がおすすめです。とにかく手数料が段違いに安いです。同じく仮想通貨取引所のCoincheckと比べると…

  • coincheckの手数料:「5%以上』
  • Zaifの手数料:「0.1%

なんとその差は50倍以上です。
NEMはZaifで買ったほうが圧倒的にお得なので、必ず口座を開設しておきましょう。

 

   

仮想通貨初心者はZaifの積立投資が超オススメ!

f:id:keita-agu-ynu:20171210115604p:plain

NEMの購入方法は色々ありますが、初心者の人は積立投資がおすすめです。 

積立投資は仮想通貨では最強の投資法とも言われており、Zaifを使えば、簡単に毎月自動積立をやってくれます。

「5000円ではじめる仮想通貨投資入門」という本にNEMの積立投資に関する凄まじいデータがあったので紹介します。

もし2015年7月〜2017年7月の2年間で毎月1000円づつNEMに投資していたらどうなっていたか?」というデータです。

価値が変わらなければ24ヶ月×1000=2万4000円ですが…なんと約872万6173円(約344倍)まで値上がりしました。

毎月1000円づつNEMを買うだけですよ?

しかも、積立投資はさらにメリットが…

  • 少額から始めることができる
  • 一時的な暴落は心配なし
  • 銀行口座から自動引き落とし!何もしなくてOK

仮想通貨初心者の方に最もオススメしたい投資法です!