仮想通貨1年生

仮想通貨初心者のための入門書ブログ

【リップル対応】Ledger Nano Sの特徴と使い方を画像付きで解説


f:id:keita-agu-ynu:20180202133723p:plain

2018年1月。コインチェック社から500億円以上に相当するNEMが不正送金される事件がありました。

これを機に仮想通貨の保管方法を見直している人も多いはず。

この記事では現状、仮想通貨の保管方法として一番安全と言われているハードウェアウォレットの特徴と使い方について説明します。

今回紹介するハードウェアウォレットはLedger Nano Sです。

  • 対応通貨が多い(25種類以上。リップル対応)
  • 値段が比較的安い
  • 日本正規代理店がある

リップルに対応しているということで注目されているハードウェアウォレットです。

画像も使いながらわかりやすく解説していきます。

 

 

ハードウェアウォレットはなぜ安全?

f:id:keita-agu-ynu:20180202130445p:plain

繰り返しになりますが、ハードウェアウォレットは現状、仮想通貨の保管方法として一番安全と言われています。

しかし、なぜ安全と言えるのでしょう?

ここではパソコン上で使うウォレット(以下ソフトウェアウォレットと表記)と比べながら説明していきます。

 

ソフトウェアウォレットでの保管の危険性

ソフトウェアウォレットではログインや送金の際に必ず「秘密鍵」が必要になります。すごく簡単にいうとパスワードみたいなものです。

この秘密鍵が盗まれてしまうと不正送金されてしまいます。しかし、ソフトウェアウォレットで保管していると秘密鍵のデータが必ずPC上に残ってしまいます。

なので、あなたが使っているPCがハッキングやウィルスなどの被害にあうと秘密鍵が流出してしまう恐れがあるのです。

 

ハードウェアウォレットでは秘密鍵を物理的に管理!

ハードウェアウォレットでは「秘密鍵」を物理的に管理することができます。つまりあのUSBみたいな形のやつに「秘密鍵」のデータを保存しているので、ウィルスもハッキングも全く関係ないのです。

簡単に言うと、ハードウェアウォレット自体が「秘密鍵」というイメージです。

このおかげでオンライン上に「秘密鍵」のデータが残ることもなく、ハッキングやウィルス感染のリスクを排除できます。

 

ハードウェアウォレットは紛失してもバックアップ可能

f:id:keita-agu-ynu:20180202130839p:plain

物理的に保管できるって言っても、無くしたり壊れたりしたらどうするんだよ!」という疑問が残りますよね。

しかし、安心してください。紛失や故障が起きてもハードウェアウォレットの復元は可能です。

 

ハードウェアウォレットに仮想通貨は入ってない!

f:id:keita-agu-ynu:20180202131351p:plain

形がUSBに似ているので勘違いする人が多いですが、ハードウェアウォレット自体に仮想通貨が入っているわけではありません。

仮想通貨のデータはブロックチェーン上に記録されているので、ハードウェアウォレットが紛失しても、あなたの資産はなくなりません。

あくまでもハードウェアウォレットは鍵。

ハードウェアウォレットは金庫そのものでは無く、金庫を開けるための鍵というイメージで理解しましょう。

 

ハードウェアウォレットはパスフレーズで復元可能

f:id:keita-agu-ynu:20180202113534j:plain

パスフレーズという24個の英単語を入力することによって、ハードウェアウォレットは簡単に復元することができます。

なので、あなたのハードウェアウォレットが紛失、故障しても新しいハードウェアウォレットを購入しパスフレーズを入力すれば復元できます。

逆に言うと、このパスフレーズをメモした紙を無くしてしまうと絶対に復元できません。 ハードウェアウォレットよりもパスフレーズの管理を徹底しましょう。

 

ハードウェアウォレットを盗難されてもPINコードで防げる!

f:id:keita-agu-ynu:20180202113625j:plain

ハードウェアウォレットは盗難されても大丈夫です。4〜8桁のPINコードを入力しないとハードウェアウォレットは秘密鍵の役割を果たしません。

鍵を使えるようするためのパスワードみたいなイメージです。

なのであなたのハードウェアウォレットが盗難されても、犯人はPINコードがわからないので、あなたの資産を盗むことはできないのです。

 

 

ハードウェアウォレットはLedger Nano Sがおすすめ!

対応通貨
ビットコイン、ビットコインキャッシュ、リップル、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ネオ、ドージコイン、ダッシュ、ジーキャッシュ、など

価格
15,800円〜

特徴 

  • 対応通貨が多い(25種類以上。リップル対応)
  • 値段が比較的安い
  • 日本正規代理店がある

ハードウェアウォレットにも種類がありますが、一番オススメできるのが 、Ledger Nano Sです。

リップルを含め対応通貨が多いですし、日本正規代理店があるのでわざわざ海外から取り寄せる必要もありません。

Ledger Nano Sを購入する時の2つの注意点

f:id:keita-agu-ynu:20180202131918p:plain

Ledger Nano Sを購入する際に注意することが2つあるので紹介します。

 

1.Amazonでの購入は詐欺の危険あり

Amazonでも購入できますが、詐欺の危険があるのでおすすめしません。特に中古品なんて絶対に買ってはいけません。

あらかじめ細工をしたものを買わされたり、定価よりも高い値段で買わされることもあります。

不正品をつかまされたら資産を失うことになるので、必ず公式や正規代理店から購入しましょう。

 

2.Ledger Nano Sは2つ購入するのがベスト

Ledger Nano Sは2つ購入しておくのがベストです。もちろん1つだけの購入でもOKなのですが、紛失した時にすぐに新しいLedger Nano Sが手に入るとは限りません。

コインチェック社の事件もあり、Ledger Nano Sの注文が殺到しています。新しいLedger Nano Sが手に入るまで、あなたの資産は送金不可能ですので、トレードする際は大きな機会損失になります。

しかし、はじめから2つ購入しておけば、片方を紛失した際にすぐにバックアップコードで復元できるので心配いりません。

ハードウェアウォレットは2つ購入するのがベストということも頭に入れておいてください。

 

 

Ledger Nano Sの初期設定を画像を使って解説

ここではLedger Nano Sの初期設定を画像を使いながら説明していきます。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202113637j:plain

まずはLedger Nano SとPCを付属のUSBケーブルを使って接続しましょう。すると「Welcome」と表示されます。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202113634j:plain

「To begin configuration, press both buttons〜」と英語が流れてきますが、これはLedger Nano Sの操作方法の説明です。

Ledger Nano Sの操作方法は超簡単です。

  • 左右のボタン→選択する時に使う
  • 左右のボタン同時押し→決定の時に使う

これだけです。左右のボタンで選んで、同時押しで決定するだけ。理解したら同時押しで次に進みましょう。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202113557j:plain

「Configure as new device?」(新しいデバイスの設定をしますか?)という意味なのでチェックマークを選ぶために右のボタンを押しましょう。

f:id:keita-agu-ynu:20180202113625j:plain

次にPINコードの設定です。4〜8桁の数字を入力しましょう。これはLedger Nano Sを使うためのパスワードになるので絶対に忘れないようにしましょう。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202113612j:plain

先ほど設定したPINコードをもう一度入力しましょう。パスワードの確認的な意味合いです。

f:id:keita-agu-ynu:20180202113618j:plain

ここでリカバリーフレーズを書き留めましょう。これは復元の際に必要になる大切なものなのでミスがないように丁寧に作業を進めましょう。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202113534j:plain

24個の英単語が表示されます。これを付属のリカバリシートに記入しましょう。

「Word #1 : study」「Word #2 : banana」というように単語が表示されていきますので、ミスなく書き写しましょう。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202113554j:plain

24個のリカバリーフレーズをメモったらそれが正しいかどうかテストがあります。全部で2回です。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202113540j:plain

これで無事に設定完了です。

 

Ledger Nano Sでリップルを保管してみた

それではいよいよLedger Nano Sを使って仮想通貨を保管する方法を紹介します。今回はリップルを例に紹介していきます。

まずは専用のアプリケーションをダウンロードするのですが、Chromeにインストールするので、必ずChromeで開いて作業を進めていってください。

では下のリンクからダウンロードページに飛びましょう。
↓↓↓

https://www.ledgerwallet.com/apps

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202120916p:plain

こんなページが現れるので下にスクロール。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202121004p:plain

右上の「Ledger Manager」をクリック。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202121244p:plain

右上の「GET THE APP」と書かれた緑のボタンをクリック 。するとページが下にスクロールされますので、ここで「INSTALL」をクリックします。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202121522p:plain

Chromeのアプリのページから「Ledger Manager」が導入されていることを確認、起動してみてください。

すると「Allow Ledger Manager」とLedger Nano S本体に表示されるのでチェックマークがある右側のボタンを押しましょう(写真撮り忘れ)

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202122021p:plain

PCにこんな画面が表示されます。今回はリップルを選択して緑色の矢印ボタンをクリックしましょう。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202113543j:plain

Ledger Nano S本体にリップルが表示されます。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202122229p:plain

次に、先ほどのアプリケーションのダウンロードページに戻りましょう。
↓↓↓
https://www.ledgerwallet.com/apps

下にスクロールして今度は左下の「Ledger Wallet Ripple」をクリック。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202122417p:plain

先ほどと同じように、右上の「GET THE APP」と書かれた緑のボタンをクリック 。するとページが下にスクロールされますので、ここで「INSTALL」をクリックします。

こちらはPCにダウンロードされるので起動しましょう。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202122639p:plain

このような画面が現れるので、Ledger Nano S本体に戻ります。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202113543j:plain

上の画像のようにリップルの画面のところで左右のボタンを同時に押しましょう。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202122934p:plain

これで接続完了です。左上にある下矢印のボタン(↓)をクリックしましょう。

 

f:id:keita-agu-ynu:20180202123552p:plain

するとリップルのアドレスが表示されるので、各取引所やウォレットからリップルを送金してみましょう。最低20XRP以上じゃないと送金できないので注意が必要です。

また、取引所でTagを求められることもありますが、Ledger Wallet RippleではTagは不要です。

最初から全部の資産を移動させずに、まずは少額から試しに送金するのがオススメです。

f:id:keita-agu-ynu:20180202124646p:plain

僕は試しに100XRPを送金。10秒くらいで反映されました。

これでLedger Nano Sを使ってリップルを保管することに成功しました!

 

Ledger Nano Sの初期設定や送金方法の解説動画

ビットコイナー反省会というYouTubeチャンネルが動画で初期設定や送金方法について解説してくれています。

こちらも合わせて参考にしてみてください。

面倒くさいはNG!大切な資金は確実に保管しよう

f:id:keita-agu-ynu:20180202132152p:plain

Ledger Nano Sの使い方は以上になります。正直に言って少し面倒くさいですよね。お金もかかるし。

しかし、もしあなたが仮想通貨に大きな額を投資しているならハードウェアウォレットの導入は必須です。

コインチェックのような事件がいつ起きるかわかりません。また、2段階認証を破られて取引所から不正出金される可能性もあります。

「めんどくさいなぁ」

「また後でやろうかな」

こんな考えは後で猛烈に後悔する原因になりかねません。

失ってからでは遅いのです。失う前にしっかり守らないと。

ぜひ、ハードウェアウォレットで大切な資産を確実に守ってください。