仮想通貨1年生

仮想通貨初心者のための入門書ブログ

coincheck補償決定!ハッキング騒動まとめと仮想通貨投資の教訓


1月26日に580億円相当のNEMがcoincheckから不正に送金されるという事件がおきました。いわゆるハッキングです。

市場は大混乱。色々なニュースや憶測が飛び交いましたが、1月28日にcoincheckは不正送金されたNEMの補償を行うことを発表しました。
>>不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について | コインチェック株式会社

coincheckにNEMや他の通貨(日本円含む)を預けていた人はひとまず安心といったところでしょう。

しかし、今回の騒動を通して、投資を行う私たちもより一層学ばなければいけません。慎重かつ安全に仮想通貨と向き合わなければ大切な資産を失うことになります。

この記事では、今回のハッキング騒動をなるべくわかりやすく解説すると同時に、そこから得られる教訓を紹介していきます。

coincheckハッキング騒動を時系列に沿ってまとめる

26日12時ごろNEMの入金停止 

12時ごろに突然NEMの入金が停止されました。それに続くようにNEMの送金や売買も停止。

「おいおい。coincheckどうしたの?」という声がSNS場で広がりました。

 

26日16時ごろ日本円を含む全ての通貨の出金停止

16時ごろついに日本円を含む全ての通貨が出金停止になりました。また、それに続きBTC以外(オルトコイン)の売買の停止。クレジットカードなどの入金も停止されました。

この辺りからSNS上では「 coincheckガチでハッキングされてるっぽいぞ!やばい!やばい!」と大騒ぎ。

 

26日23時ごろ coincheckが記者会見

23時ごろcoincheckの方から記者会見にて今回のハッキング騒動の説明が行われました。

  • 記者たちの高圧的な態度
  • 質問のレベルが低すぎる
  • 補償などの重要な部分は明かされず

などなど。色々と物議を醸す記者会見でした。

この辺からcoincheckの倒産や預けていたお金の消滅など悲観的な声も多くなってきました。

 

27日NEM財団の声明、メディアの的外れな報道、詐欺まで…

記者会見の次の日。NEM財団がハッカーに対して追跡をしていることを発表。強気なコメントも。

史上最大のハッキングは数時間以内にネムのコミュニティによって解決されます。これはネムのプラットフォームとチームの強さを示すものです。

 

一方で新聞やテレビでは的外れな報道も多くありました。この新聞なんか完全にNEMのせいみたいになっちゃってますね…

 

また今回の騒動を利用した詐欺も現れ始めました。

 

28日1時ごろcoincheck補償を発表

28日の深夜1時にcoincheckから約26万人のNEMの保有者に対しての補償が発表されました。約500億円相当の補償ですから、これには驚きました。

補償時期は未定ですが、このスピード感ある対応には賞賛の声もあがっています。

 

coincheckハッキング騒動から学ぶ3つの教訓

今回の騒動では多くの学びが得られます。特に最近、仮想通貨投資を始めた人は以下の3つの教訓を頭に刻んでください。

 

1.自分で調べ、納得した仮想通貨のみ投資しよう

今回の騒動は明らかにcoincheckのセキュリティーの甘さが原因です。決してNEMに原因があるわけではありません。

むしろはNEMには「マルチシグ」という暗号鍵を3つにして保管する仕組みもあり、セキュリティーはかなり高い通貨です。
今回はcoincheckがこの機能を使わずに、さらにオフラインではなくオンラインでNEMを保管していたことが原因です。

もう一度言いますがNEMは全く問題ありません。

こんなことはしっかりと仮想通貨を勉強し、NEMのことを調べていれば、誰でもわかる話です。

しかし「NEMってなんか上がってるらしいじゃん!」くらいのノリで投資していた人は今回の騒動で焦って売ってしまった人も多いのでは?

僕のツイートで恐縮ですが、仮想通貨初心者の人はよく頭に刻んでおいてください。
↓↓↓

ちなみに僕が2018年一番推している通貨はNEMです。
もちろん今回の騒動で売ったりしていませんし、逆に「買い時かな?」と思ったほどです。

>>【2018年版】Nem(ネム)の今後の将来性をガチ考察してみた

自分で調べ、納得できる通貨に投資しましょう。

 

 2.仮想通貨は投資です。よく勉強し、情報を正しく取捨選択しよう

「投資デビューが仮想通貨!」 よいう人も多いはずです。僕もその一人です。
簡単に儲かるからという理由で始めた人もいるかもしれませんが、いま一度意識を高めましょう。

 

仮想通貨は投資です。
無知は損をし、最悪の場合、破滅します。

 

仮想通貨の異常な値上がりは確かに魅力的ですが、まだまだ市場は黎明期。
間違った報道や噂、詐欺がたくさんあるのが現状です。

その中から正しい情報を取捨選択できるようになるには自分が勉強しなければいけません。自分で勉強して培った知識こそ唯一の武器になるということを忘れないでください。

 

3.取引所のハッキングは起こる。保有資産はウォレットへ

「取引所に置きっ放しは危ないよ!必ずウォレットへ」という話はずっと前から出ていましたが、どこかみなさん心の中で油断していませんでしたか?

僕は油断していました。「2段階認証さえかけとけば大丈夫だろう」と思っていましたが大丈夫じゃありませんでした。

この騒動を気にもう一度、通貨の保有手段を見直した方がいいと思います。

僕の場合はこれからは資産の大半はハードウォレットに移行させます。これを機に早速注文しました。

 

ここで紹介している「Ledger NanoS 」は対応通貨も多くおすすめです。リップルにも対応しているのが嬉しいですね。

またハードウェアウォレットに全ての通貨を集めると、セルフGOXした場合に資金を全て失います。なので、すでに使っていたソフトウェアウォレットも使いながら資金を分散させることにします。

お金もかかるし、めんどくさいと思うかもしれません。しかしそのちょっとした手間を惜しんだが故に資金を全て失うかもしれませんよ?

今回のcoincheckの騒動を機にいま一度資金の保管状況を見直しましょう。

 

みんなの声で仮想通貨市場を潰してはいけない

ここからは完全に個人的な意見。

先ほども書いた通り、まだまだ仮想通貨の市場は黎明期です。今回のcoincheckのような騒動はこれからも起こっていくことでしょう。

その時に感情に任せて批判を繰り返すことは、日本の仮想通貨市場を潰すことにも繋がりかねません。

coincheckのハッキング騒動は確かに許されることではありませんが、これまでの仮想通貨の発展に大きく貢献してきた事実は変わりません。

また、土地も資源もない日本が世界に唯一リードしているのが仮想通貨です。日本はこのチャンスを逃してはいけません。

みんさん色々な思いがあるかもしれませんが、個々人が意識を高め、仮想通貨の未来に期待しながら投資していくことが一番大切なんじゃないかなって思います。

色々なことが起きましたがまだ1月。2018年は始まったばかりです。これから大きく変化し発展していく仮想通貨市場をともに楽しんでいきましょう。