仮想通貨1年生

仮想通貨初心者のための入門書ブログ

手数料無しでリップルが買える!ビットバンクが超おすすめ


f:id:keita-agu-ynu:20180621115347p:plain

「リップルをとにかくお得に買いたい!」そんな人に向けておすすめの取引所「ビットバンク(bitbank)」を紹介します。

なぜビットバンクがおすすめなのか?

  • 他の取引所との価格比較
  • セキュリテー面を比較
  • 世界的に見た取引量の比較 

などなど。他の取引所と比較しながらビットバンクの特徴を紹介していきます。

最後にはビットバンクの登録方法についても画像付きで詳しく説明しているので参考にしてください!

 

 

【比較】ビットバンクでリップルがお得に買える理由

f:id:keita-agu-ynu:20180621114131p:plain

他の取引所と実際の値段も比べながら、なぜビットバンクが一番お得にリップルを買うことができるか説明します。

ビットバンクは取引所形式なので手数料がお得 

f:id:keita-agu-ynu:20180621115037p:plain

取引所には販売所形式取引所形式の2つがあります。

販売所形式は取引所からレートに合わせて直接仮想通貨を購入する方式。安定して取引が成立する代わりに手数料が割高になります。

いっぽう、取引所形式はユーザー間で仮想通貨を売買する方式になります。ビットバンクはこちらの形式を採用。ユーザー間で直接取引を行う分、手数料が少なくお得にリップルを購入できます。

そして現在日本国内でリップルを取引所形式で購入できる業者はビットバンクQUOINEXの2つのみです。

QUOINEXはスマホアプリが安定しない事や入出金、送金処理が遅い点。そして流通量が少ない事からあまりおすすめできません。

結果、リップルを買うならビットバンク一択になります。

 

リップルの手数料の違いをコインチェックとビットバンクで比較

実際に2018年6月時点でのリップルの価格をコインチェックとビットバンクで比較してみました。

 

コインチェックの値段 61.04円

f:id:keita-agu-ynu:20180621101731p:plain

 

ビットバンクの値段 58.14円

f:id:keita-agu-ynu:20180621101851p:plain

購入時点で既に1XRPあたり2.9円もの差があります。
これは1000XRP購入したら2900円、10,000XRPを購入したら29,000円の差になります。これは見逃せないですよね。

この価格差の要因はスプレッド手数料です。
販売所形式であるコインチェックは取引手数料の他に相場の値動きによってこのスレッド手数料というものが発生します。
実はこのスプレッド手数料は通常画面では表示されていませんが、今回はツールを利用して実際のスプレッド手数料を含めた価格を表示させています。

つまり、コインチェックでは通常58.049円と表示されていますが、実質的な価格を調べてみたところ購入金額が61.04円になっているということです。

それに比べビットバンクはスプレッド手数料が存在しません。つまり最初に表示されている金額の58.140円でちゃんとリップルが購入できます。

 

 

ビットバンクでリップルを購入すべき3つの理由

f:id:keita-agu-ynu:20180621113154p:plain

リップルがお得に買えること以外にも、ビットバンクはリップル購入にあたりメリットがたくさんあります!

 

ビットバンクはリップルの取引高世界No.1

ビットバンクは 2018年4月に1時間当たりのXRP取引量が全世界の30.3%を記録し、世界で1番リップルが売買されている取引所になりました。

海外取引所は取引手数料が安く、そのおかげで流通量も多い事から日本の取引所が取引量のシェアを獲得する事は難しいです。

しかし、ビットバンクは現在取引手数料無料キャンペーンを行っている事から、流通量が通常の取引所と比較しても活発になりリップルのシェアを獲得出来たと推測できます。

取引量が多くなると急激な相場の変動でも取引が成立しやすくなります。リスクの面でもリップルの購入はビットバンクがおすすめです。

 

ビットバンクはセキュリティーの鬼

ビットバンクはセキュリテーの高さにも定評があります。

リップルの管理方法にはコールドウォレットマルチシグと呼ばれる手法も採用しています。

技術的な詳しい話が知りたい方はビットバンクの公式ブログをご覧ください。
>>仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

こちらの2つの手法はいずれも、コインチェックのネム流出事件で問題になっていた点です。
コインチェックはこの2つの手法を怠って事件となりましたが、ビットバンクはその点についてもしっかりと対策をしています。

 

 

ビットバンクはリップル以外の通貨もお得に買える

ビットバンクは2018年9月30日00:00までの間は(2018年6月現在)全ての仮想通貨ペア取引手数料無料キャンペーンも行っています。

ビットバンクで扱っている通貨は以下の通り。

  • BCH
  • ETH
  • LTC
  • MONA
  • XRP

LTCやMONAまでお得に買えるのは嬉しいですね。
多くの国内取引所は販売所形式ですので、リップル購入に限らずビットバンクは仮想通貨トレードに置いて無くてはならない存在となっています。

 

ビットバンクの口座開設方法を解説

f:id:keita-agu-ynu:20180621113422p:plain

ここまでビットバンクのメリットを紹介してきましたが、ここで実際に口座開設方法を解説します。

スマホでも5分で開設できるので一緒に見てみましょう!

 

まずはビットバンクのトップページに行くと以下のような画面になります。
メールアドレスを入力し「無料口座開設」ボタンをクリックしましょう。

f:id:anndousan:20180619161827p:plain

 

これで仮登録が完了。

f:id:anndousan:20180619161911p:plain

 

こちらが実際にビットバンクから届いた登録メールです。
ここに張り付けられているURLを踏むと次のページに移動します。

f:id:anndousan:20180619161944p:plain

 

 

ここでパスワード設定を行います。
利用規約などに同意し仮想通貨取引のリスク事項を確認してから確認ボタンを押します。

f:id:anndousan:20180619162014p:plain

 

ここでは基本情報を入力します。
氏名、生年月日、住所などを入力してから次へ進むボタンを押します。

 

f:id:anndousan:20180619162051p:plain

 

ここでは資産運用などの仮想通貨取引の目的や現在の職業を入力します。

 

f:id:anndousan:20180619162241p:plain

 

ここで外国の重要な公人か確認する項目があり、多くの方は問題ないはなので、確認ボタンを押します。

f:id:anndousan:20180619162309p:plain

 

最後に今まで入力した情報を確認し登録終了です。

f:id:anndousan:20180619162459p:plain

f:id:anndousan:20180619162402p:plain

 

この後に本人確認書類をアップロードし、後日郵送される住所確認ハガキを受け取れば全て完了となります。

登録手続き自体は5分で終わりますが、口座が解説されるまでは時間がかかります。
仮想通貨の世界は少しの時間ロスが大きな損失に繋がることも。
リップルの購入を考えている方は必ずいま、登録を済ませてしまいましょう!